読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井市の鍼灸師がブツブツ呟くブログ

東京都小金井市在住の鍼灸師が、思わず誰かに話したくなる鍼灸や健康の豆知識を綴ります。

治療と「時間」の話

f:id:fujisawatrick:20161028233939j:plain

 

先日、何人かで山梨の方に行く機会がありました。

山中湖の方で、BBQを行いましたが、天気も良く最高でした。

紅葉も見ることができましたし、取れたての魚も食べることができましたし、

リフレッシュできました。東京とは違う時間が流れているというか、

ずっと居たいと思える時間でした。

 

f:id:fujisawatrick:20161028233607j:plain

 

んでその数日後、吉祥寺駅を降り、ラーメン屋さんへ歩いていました。

最近お気に入りのラーメンを食べるために心躍らせながらお店の前まで来たら、

列ができていたんです。列ができていたのは初めてだったのですが、

頭がラーメンモードだったので並んでしました。

その時間が凄く長く感じました。早くこの時間終わらないかな、

と考えていました。

 

同じ長さで流れている「時間」ですが、その時によって感じ方は

変わるものですね。

 

f:id:fujisawatrick:20161028233445j:plain

 

○治療における「時間」

 

さて、この時間は、治療の場合はどうなのか?

大きなポイントは「リラクゼーション」なのか「治療」なのか、

ということです。リラクゼーションだったら気持ち良い時間が欲しい訳なので

できれば長いに越したことはないかもしれません。

ただ、「治療」の場合は、そうじゃないはずですよね。

インターネットの工事で、工事時間の長さを欲しい人はいないわけです。

15分で工事が終わればそれに越したことはない。

ネットの開通が欲しいわけですよね。治療も同じだと思います。

痛みが治ることが大事なわけです。

 

そして、人に対してと機械や物体に対しても違いがあって、

人の治療に対しての時間の掛け方はなかなか難しいものです。

中途半端だとすぐ再発してしまうし、やり過ぎは逆効果になることも

あります。そのあたりのさじ加減が重要で難しいです。個人によって違います。

 

なんで、こんなこと綴っているのかと言うと、最近、私自身が時間をかけすぎ、

な面があると感じたからです。後に時間が空いてるとついつい時間かけちゃうんです。

「もっと良くしてあげたい」そう考えると時間の経過とか見えなくなっちゃうんですよね。とことんやりたくなっちゃう。

 

これって、患者さんの時間をもらってるわけで、褒められたもんじゃありません。

それで痛みは良くなるけど、貴重な時間をもらっちゃってるんで、良くないです。

しかも、お店ではなくて、患者さんのご自宅で施術するんでなおさらです。

自戒の念を込めて書きました。

 

もっと施術の技術を上げていきます。やっぱ治療は奥が深いです。

 

ではまた。藤澤でした。

 

 

 

 

小金井市内でぎっくり腰にお悩みならこちら ↓↓ お試しで即日改善

 

trick-fujisawa.com