小金井市の鍼灸師がブツブツ呟くブログ

東京都小金井市在住の鍼灸師が、思わず誰かに話したくなる鍼灸や健康の豆知識を綴ります。

「最高の先生」とは?

    f:id:fujisawatrick:20160905233849j:plain

 

 

こんにちは。鍼灸師、トレーナーの藤澤です。

 

私は今まで、空手、柔道、剣道といった武道を経験してきました。

なんせ、団体スポーツ(特に球技)は苦手でしたので(笑)

 

そこで私は、武道と鍼灸に共通してある種類の人がいることに気づきました。

それは「師匠や先生を以上に崇拝する」といった人達です。

 

もしかしたら様々な世界にいるのかもしれませんが、師匠絶対、みたいな。

師匠が白といったら白、黒と言ったら黒、っていう。冷静に考えれば明らかに

間違ってることでも師匠は正しい、と刷り込まれているような人のことです。

 

武道とか、鍼灸とか「師弟関係」がまだ残る分野ですから、

文化と言えば文化ですが、度が過ぎるとどうなの、っていう。

 

「俺は○○先生に教わった」とか「私は○○派よ」みたいなことをいうのが

やたら好きという。

 

・最高の先生は「患者さん」である!!

 

私は技術やその他大切なことを教えてくれる方はとても大切だと思っていますし、

師弟関係を否定は絶対にできません。

ですが、治療において最高の先生は「患者さん」であると私は確信しています。

 

どんな先生の技術の講義より、患者さんに治療を通じて発見させてもらうことの方が

大事だと本気で思っています。

 

治療は誰に行うのか?先生や同業者に対し行うものではありません。

痛みや辛さで悩む人に対して行うのです。

もちろん、知識は術者の方が豊富でしょうし、なんでもかんでも患者さんのいうことを

聞くのは間違っていますが、患者さんは多くのことを教えてくれます。

 

喜ぶのも先生や同業者ではありませんよね?

患者さんが一番喜んでくれるんです。じゃあ一番大切なのは?ってことです。

 

人の身体は千差万別。だからこそ師匠や流派のつまらない特徴より、

患者さんに訊け、って話なんです。

 

藤澤でした。

 

trick-fujisawa.com