読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井市の鍼灸師がブツブツ呟くブログ

東京都小金井市在住の鍼灸師が、思わず誰かに話したくなる鍼灸や健康の豆知識を綴ります。

治療家にとっての1番の練習方法とは

こんにちは、藤澤です。

 

「まかない」ってありますよね。飲食店で働いている方がお昼とかで自分のとこの

メニューをいただけるというアレ。あれ、憧れているんですよね(笑)

飲食店で働いたことがないもので。凄く憧れています。

スポーツジムのスタッフがジムを無料で使えるのも「まかない」みたいなもんですよね。

「利用者の立場になる」って凄く大事ですよね。お店側とお客さん側で価値の部分が

違ったりすると良いサービスとか分からなかったりしますから。

 

んで、これは治療家も一緒です。ただ、治療家の施術は、

料理や施設などと違って、お客さんの身体に対して行うものなので、

なかなか客観的な評価ってしにくいものなんです。

 

よく、治療院ではスタッフ同士が施術の練習をし合います。

でも良く考えたらこれって施術の練習ではあるのですが、

実際、お客さんがどういう感じを受けるのかって分からないです。

どういう感じで刺激が届くのか?どういう感覚で筋肉が緩むのか?

どのくらいの時間で身体に変化が起こるのか?

技とか施術の流れを練習するにはスタッフ同士で行うのも効果があります。

ですが、「この施術はお客さんにとってどんな感覚なのか?」を自分自身が

把握することがもっと大事です。

 

ということで、私が思う一番の練習法は、「自分で自分を治療すること」です。

 

自分が自分に対して行うものですから、ある意味何でも躊躇なくできます(笑)

怪我なんてした日にゃ、ラッキーくらいに思っています(笑)最高の実験材料ですから。

「腰痛とかはどうするの?」と聞かれたりしますが、そういう時こそ腰には触らず

手足のツボを使って遠隔治療の練習をします。鍼灸の醍醐味です。

 

こういう練習をしていくと自ずと本番の治療中に患者さんが今何を思っているのか

分かるようになります。刺激量はどうかな?どのくらいで鍼を抜くべきかな?とか

とても分かるようになります。だからやらない手はないんです。

 

あと、何より健康な身体を維持できますし(笑)

今まで足首の怪我、肩の怪我、首の怪我、魚の目、拳の痛みとか色々自分で自分を

治療してきました。格闘技やってると怪我することが多いですが、そうなると治療の練習ができるっていう(笑)

 

まぁ、治療を受ける患者さんには一切関係ない話でした。

 

藤澤でした。

 

 

そんな自分に対して何回も実験をして、そして患者さんには即効性のある治療を

提供します。ぎっくり腰をご自宅で即日改善します!!

 

trick-fujisawa.com