読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小金井市の鍼灸師がブツブツ呟くブログ

東京都小金井市在住の鍼灸師が、思わず誰かに話したくなる鍼灸や健康の豆知識を綴ります。

治療の意味って・・・

           f:id:fujisawatrick:20160104202417j:plain

 

こんにちは、訪問施術トリック鍼灸院の藤澤優作です。

 

前回、年末年始に実家に帰った時に家族や親せきに軽く施術をしたという話をしました。

 

それに関することなんですが、家族はもちろん友人や親しくしている人。

そういった周りの人にはいつまでも元気でいて欲しいですよね。人間ですから。

 

身体は消耗していくというのは事実かもしれませんが、例えば両親が腰が痛いとか、

肩が痛いとか言ってるのを見ると「あぁ、もう若くないのかなぁ」とかどこか思って

しまいます。(もっとも、腰痛や肩こりに年齢はあまり関係ないですが)

昔はそんなことを言うことなかったんですよ。見なかっただけかもしれませんが。

でも、痛いとか言うとこ見ると、ちょっと心配になります。

 

と、考えると、「治療の意味」って何かな?と考えます。

 

治療って痛みを治すだけでなくて、痛みを治すことで自信を取り戻したり、

万全な身体をもう一度体感することで何かにチャレンジしようという気持ちが沸いたり、そういう「心の面の充足度」、これが凄く大きい気がする。

 

本人はもちろん、周りの人も幸せにするのだと思うんです。

それが親しい人、大切な人ならなおさらですよね。

 

「時のながれ」って時に切なくなったりします。昔できたものができなくなったり、

そういう時に時の流れを感じたりします。ですが、それがもう一回できるようになったとしたら、「時間」を戻すということができるんじゃないかと思います。

もっというと、「大事なもの」を取り戻せるってことかもしれませんね。

 

古武道の達人の言葉で、「人間の身体のピークは60歳だ」という言葉があります。

 

身体は消耗するのかもしれませんが、いくらでも取り戻せるってことかと。

そのために、治療で手助けできたとしたら、治療家としたらこんな嬉しいことはないですね。

 

と、今回はこんな感じで。藤澤でした。

 

 

 

小金井市小平市国分寺市立川市を対象に、

ぎっくり腰の即日改善をご自宅で行います。

ぎっくり腰は年齢は関係ありません。だれでもなりえます。

でも、正しく改善すれば怖いものではありません。

 

trick-fujisawa.com